「太陽の王子 ホルスの大冒険」を語れ

AD

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 00:22:16 ID:APnp+6QI.net
好きでした。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%81%AE%E7%8E%8B%E5%AD%90_%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%A4%A7%E5%86%92%E9%99%BA
ttp://www.toei-anim.co.jp/lineup/movie/horus/
ttp://www.toei-anim.co.jp/lineup/movie/horus/image/001.jpg
ttp://www.toei-anim.co.jp/lineup/movie/horus/image/002.jpg

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 01:03:21 ID:WYIuPdu9

名作だけどサヨがどうしたとか荒れそうで嫌だ

3 :アニメック読者:2007/02/11(日) 07:38:12 ID:4ucA9a0M

ヒルダ→ラナ→クラリス→原田知世って流れがあったような気がする

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 08:37:15 ID:lBNO1OY8

マウニかわいいよマウニ

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 09:20:30 ID:Uk1plWmm

昨日、削除の荒らしが吹き荒れたはずの某所で見たのだがw
期待していたわりには今一つ
歴史的な意義は大きいにせよ今見るのはキツイ

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 00:13:55 ID:b74RZPmP

>>5だって今から40年近く経ってから見ればキツイと思うよ

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 18:52:42 ID:inWOp7qx

内容的には25年前には既に薄っぺらだったと思う。
当時これが神聖視されていたから、アニメから「卒業」した記憶がある。
まぁ今ここにいちゃ世話ないが。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 19:07:33 ID:kYqX4yq/

全っ然説得力無しw

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 10:35:40 ID:C3xnalo2

ヒルダの声の人ってどんな人だろうって期待に胸ふくらませてたら
家政婦の人だったなんて…orz
当時、厨だった漏れには未だにトラウマでつ

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 14:25:03 ID:EPUiHn5W

ttp://www.youtube.com/watch?v=bEgNt6URHKk

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 17:41:13 ID:xADXxUss

>>3
時かけの原田に台詞に蔵そっくりのがあったのは覚えているが

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 18:13:45 ID:7UX3ZjfL

投売りDVD買って20年ぶりくらいにみたが、途中で寝たな

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 20:49:58 ID:n8tsYKpY

>>12
買った奴は負け
寝た奴は二重に負け

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 00:38:41 ID:jQcZwGvh

後年のジブリとかよりもセルいっぱい使った動きしてるね

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 22:43:04 ID:fHpwVr20

今はコンピューター。昔は手書き。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 12:53:33 ID:XfKatIei

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 20:55:13 ID:Dc+1drep

ホルスは作画枚数は多いんだろうが、表現とか動きは今のほうがよい感じ。

冒頭の狼との格闘シーンとナルトの格闘シーンと比べるとそんな気がする。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 21:25:27 ID:YM0oL3AN

40年間にわたる作画技術の進歩を考慮せずに並べて比較するものかね?

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 00:43:19 ID:mhoI9X+C

セルを使うしかなかった時代だから
ところどころ止め絵になってしまうのが非常に惜しい

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 09:18:48 ID:Hw97W6d5

今見ると、今のアニメがホルスの延長線上にあることを確認してびっくり、て感じだけどね

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 09:22:21 ID:GgepEMyZ

ヒロインが悪者側というのは、当時は画期的でした。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 11:27:48 ID:yihq464p

歌のシーンが好き

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 00:12:57 ID:I4xYPNBh

今の流行りみたいに、短いカット割りや過度な演出が少なくて新鮮。
特にホルスが岩男から剣を抜くとこなんか、あっさりしていて逆にリアルだった。

でも、中盤は退屈だね…
高畑氏は娯楽性というかサービス精神が足りないよ。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 00:35:43 ID:Haig5jxR

中盤はヒルダが人間の心を取り戻す課程を描いてるのだから、
あれはあれで必要。
じゃないと、ヒルダの心理が薄っぺらになる。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 00:38:27 ID:T+RBqtj2

制作過程のゴタゴタを考えれば重くて暗いのも致し方ない

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 01:12:05 ID:pmTXPixv

>>19
マシンが原画や中割りやってくれれば苦労ないんですけどね・・・

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 11:30:54 ID:I4xYPNBh

>>24
暗いシーンや重いシーンだからこそ、本来、客の興味が離れないように
一工夫も二工夫も必要なのに、そういう発想すらないってこと。
宮崎氏はそれが自然にできるとこがすごい。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 17:33:45 ID:2R5omDPF

>>24
ついでに絵コンテも自動化とか

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/27(火) 01:10:35 ID:3YGAubCA

観客まで自動化してる今日このごろ

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/28(水) 05:54:51 ID:nfl/5tst

アヌスの大冒険

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/02(金) 20:57:08 ID:hetb+PP0

ルサン役の「津坂匡章」って秋野太作の本名だったんだね
ウィキペディア見るまで知らなかった

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/03(土) 14:06:03 ID:330rFIEx

色眼鏡で観るせいか、村人=アニメスタッフ、グルンワルド=会社、制作体制、みたいに感じる。こういうところが鼻につくこともあるかな。
尺が足りなかった、というだけあって無駄なカットは一切なく密度は大変高い。退屈はしないよ。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/03(土) 14:15:42 ID:zKr/EYcz

>>32
その解釈、全然あってる
村人=民衆、グルンワルド=資本家
尺は足りてるけど、枚数が足りない

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/04(日) 21:01:32 ID:NWSFbSbQ

>かなり真っ赤っかな作品である事は間違いないね
迷いの森で、ホルスが太陽の剣を鍛え上げる方法を悟るシーン、
あそこで当時ノンポリだった俺は共産主義的感動の震えが来ましたよ。
正に「みんなで力を合わせて」の強烈な映像化だった。

37 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2007/03/05(月) 19:33:54 ID:V+ufnyms

今から40年近く前にホルホルしてたんだから凄いよな

41 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2007/03/06(火) 14:51:26 ID:lffI0wQ/

ヒルダを殺しちゃったら
特権意識(命の珠)を捨てた元資本主義の犬が(悪魔の妹)
生まれ変わってプロレタリアートとして共同体に入る
という名シーンがなくなっちゃうじゃないか

44 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2007/03/06(火) 19:37:02 ID:mkasAe0h

>>43
好きだけどいろいろ複雑な思いにかられる映画なんだわ
でも製作中、東映のお偉方に「会社はプレハブを作れと言ったのに君らは勝手に鉄筋を建て始めた」って言われたんだよな
作り手の意気込みは凄かったよ、この映画

48 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2007/03/06(火) 23:30:51 ID:Fox8UVLP

んーただの古典ファンタジー作品として見てたわ。
ヒルダ絡みの演出はとてもよかったし。

49 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2007/03/06(火) 23:35:05 ID:SX3gEckr

>>48
善と悪に引き裂かれる心みたいなのが
その後の作品でもよく出てくる設定だけど
やっぱ元祖は違うというか書き込みの次元がひとつ違う

52 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2007/03/07(水) 00:17:33 ID:Z3TFrsyj

>>46
総力を結集し過ぎて絵に統一性がなくなったわけではない。
アニメータの個性を生かしてシーンを振り分けるのが、東映初期作品の作風。
むしろホルスの場合は高畑氏がきっちり演出のカラーをまとめて、統一感を出した。
その反動で次の作品「長猫」はアニメータが好き放題やって、逆の意味で成功した。

58 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2007/03/07(水) 22:05:43 ID:iqnSeGX1

嫌韓だかなんだかのにわかナショナリストが沸いて出てるんだよ
アホラシ

71 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2007/03/09(金) 10:42:57 ID:77EM6SRJ

だから資本側を否定した事実は無い

73 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2007/03/09(金) 20:46:13 ID:o3frN6tc

「ホルスの映像表現」、ロマンアルバム、「作画汗まみれ」、「大塚康生インタビュー」
ホルスを語るならこの4冊くらいは読んでおいた方がいい。

122 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2007/05/01(火) 21:55:33 ID:9H31YyEy

>>121なにむきになってんの

187 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2008/05/11(日) 08:08:34 ID:gOZ/eg7q

・うたってるのは家政婦は見たの人ではありません

253 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2009/06/14(日) 14:14:39 ID:D76LZXoh

水の描写とか、岩が崩れる描写とか
今のアニメですら追い付いていないと思う
こういう作品を見ると
今の似たような内容に似たようなキャラクターの作品って
なんなんだろうと思う
近親相姦的とでもいうか、もはやアニメがアニメのパロディでしかない感じ

368 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2010/10/11(月) 13:02:58 ID:M37FtwOo

雨降りの途中あたりで眠りそうだな

441 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2011/04/29(金) 22:41:48.18 ID:qMiVTkza

ヒルダは悪魔の娘といっているがそれは青少年向けであって、
悪魔の情婦だろう。ヒルダなんて名前はドイツ・ロシア風だな。

映画公開時に、フィルムブック(作品の中のフィルムのコマをベースに
した絵本)を持っていました。

但し、この作品意気込みが上滑っているなと、小学2年生でしたが、
強く感じました。ヒルダの心の迷いとか、まだアニメーションでの
表現の能力技術が十分ではない、青くさい、作りだという印象が強
かったです。子供心にも、なんだかカルトじみた嫌な感じ、押し付
けがましい感じ、いやな感じがする登場人物の葛藤をえぐろうとす
るが技術が伴っていない感じ。つまり実力以上のことを手がけて
失敗した作品だと思います。
 東映動画は、本作品を頂点として後は健全娯楽の長猫でもって、
私の心のなかでは劇場作品は終わってしまったと思っています。
幽霊船とかも観ましたけどね(ゴックリゴックリこんと、ボアジュース)。

551 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2015/01/28(水) 06:26:27.07 ID:/phkpuzC

BD出てたんだ。
カリ城のみたく周囲がトリミングされちゃってますか?

601 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2018/07/19(木) 21:28:31.78 ID:w/rS8F5v

>>600
ヒルダタソの歌が沢山聞けて満足

来年1月に演奏されるオペラ「ニホンザル・スキトオリメ」を聴くといくつか共通要素が出てくる

665件をまとめました。
最新情報はこちら

AD